雨とコーヒー

雨とコーヒー

そろそろ梅雨ですね。雨の音を聞くと、昔通っていたお寺の和尚との会話を思い出します。

何かに熱中している人というのは、人生を謳歌し、充実した日々を送っているように見えます。

ましてや、それを職にしているとすれば、感心を通り越して羨望を抱いてしまうかもしれません。

和尚は、欲しいと思うものが手に入らない苦しみを、「求不得苦」と言っていました。

その根本には欲があり、それが満たされないことで苦しみが起きるとのこと。

苦しみを小さくするには、自分の中に「〜がほしい」という欲があることを自覚することが第一歩。

そして、その欲を丁寧に解きほぐしていくことが手がかりになるそうです。

コーヒーを飲みながら、考えてみることにします。 

はじめた人 和田昂憲

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


*