支援者ボードが完成いたしました

クラウドファンディングの支援者ボードが、レジ横に設置されました。

設置までの背景をお伝えしたいと思います。

クラウドファンディングによって完成したお店

当店(ただいまコーヒー)が、店舗を設ける前の話です。

開業資金を集めるために、クラウドファンディングに挑戦いたしました。

それが、こちらのプロジェクト

『26歳Uターンの挑戦!茨城県日立の職人魂を再現したコーヒーをつくりたい!』

※クラウドファンディングとは

「クラウドファンディング」言葉の由来 Crowd + Funding

「こんなモノやサービスを作りたい」「世の中の問題を、こんなふうに解決したい」といったアイデアやプロジェクトを持つ起案者が、

専用のインターネットサイトを通じて、世の中に呼びかけ共感した人から広く資金を集める方法です。

https://a-port.asahi.com/guide/より引用

 

返礼品に支援者ボードを作成

大変ありがたいことに、

総額1,135,000円(目標 600,000円)が集まり、96名の方にご支援いただきました。

そのお返し品の一部に、今回の支援者ボードをつくったわけです。

 

 

位置を調整して・・

 

壁にはめ込んでいきます。

 

完成!!

写真は今回依頼したチームメンバーの菊池さん

 

製造をお願いした「時由地材」さん

今回、

このボードの製造をお願いしたのは、「時由地材」さん。

代を超えて、(よりどころ)となる場を、球の素を再活用し創作すること。

こんな素敵な想いをもって活動されております。

地球の素材を再活用するという想いの通り、

今回の材料も古材(静岡県三島市の製材所から)を使っていただきました。

なにやら、

チームメンバーの一人が、えんとつ街のプペル〜光る絵画展〜のお手伝いしていた時に、訪れた製材所で目に止まったのがこの古材。

眠っていて使うこともないから、日の目を見せてくれるならと、製材所から譲っていただいたそうです。

 

とても素敵なボードをつくっていただき、本当にありがとうございます。

この古材のように、

ただいまコーヒーが、皆様の寄る場となり愛され続ける場所になりたいなあ・・・ 

ボードの設置が完了した時、少しだけ背筋が伸びました。

店舗にこられた際は、ぜひ見学してみてくださいね。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


*